FX取引とメンタルケア

FX取引とメンタルケア

FX取引を実行するのは人間ですので、その人の心理状態は取引の結果に大きな影響を与えるケースがあります。

損失を出してしまっているときほど冷静な判断力を失い、普段では行わないような大胆な購入をしてしまうことがあります。


FXで成功するためにはそういったハイリスクな取引に手を出さないよう、メンタルをケアし、自分のルールを作っておくことが大切です。
メンタルケアで重要なのが、レートをちょくちょく見ないことです。
常に気にしていると他の事に集中できなくなってしまうばかりか、頭の中がFXのことでいっぱいになり、私生活に影響を及ぼすことがあります。



特にポジションを保有したまま就寝すると、レートが気になって寝付けなくなってしまう人も多くいます。



日本が深夜のとき欧米は昼間なので、市場が活発に動いていることがあります。特にFOMCは日本時間の午前3時ごろに発表され、大きく動くチャンスでもあります。



こうしたイベントが控えている日はできるだけポジションは持たない、持っていても気にしないでしっかりと就寝することが重要です。

日中お仕事をしている人はFXをしていることによって、昼間の仕事の最中に眠くなってしまうこともあります。

一回売買を決めたら損失確定と利益確定の注文を出しておき、なるべく見ないようにしておきましょう。

利益が出ているときもレートを見ていると、すぐに決済してしまいたくなってしまいます。

そういうタイミングで決済しても多くの利益をつかむことは難しいでしょう。


Copyright (C) 2016 FX取引とメンタルケア All Rights Reserved.