FXで注意しておきたいこと

FXで注意しておきたいこと

個人で外国為替を利用した資産運用をしたいのであればFXは有効な手段であると言えます。証拠金取引ですので元手となる資金が少なくても利益を追求していくことが出来ますので、その点においては非常に優れた金融商品であると言えます。

しかしながら便利であると感じているFXの仕組みは運用に対して逆風が吹いたときに非常にリスクが高い方向に働きますので注意が必要です。

現在のFXではサービスを提供している業者にもよりますが、最大で25倍までのレバレッジで運用することが出来ます。



元手資金が10万円であれば、レバレッジを最大にすれば25倍の250万円までの運用が可能になります。



このことは望む方向に為替が動く場合には利益の拡大につながりますが、予想と反対方向に進んだ時にも25倍となりますので注意が必要です。


そのため高いレバレッジで運用をしていると運用資金以上の損失を出してしまうことも珍しいことではありません。

非常にリスクが高いものであるということを知っておかなければなりません。


そのようなリスクを避けるための方法としては低レバレッジでの運用が挙げられます。


2~3倍程度の低レバレッジであれば大きな為替の変動が生じたとしても即座にロスカットの必要性に迫られるケースは格段に少なくなります。


安全な資産運用をしたいと考えているのであればFXを低レバレッジで運用することがおすすめされる場合もあります。



買いポジションで保有すれば金利差をスワップポイントとしてためることもできますので外貨預金に似た感覚で保有することもできます。

Copyright (C) 2016 FXで注意しておきたいこと All Rights Reserved.